耐震診断とは
トップページ > 耐震診断とは
この度の「平成28年熊本地震」により、甚大な被害が発生いたしました。
亡くなられた方々に謹んでお悔やみ申し上げますとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。 一日も早い復旧が果たされ、被災された皆様が平穏な日々を取り戻せるようお祈り申し上げます。

耐震診断のお申し込みはこちら

耐震診断とは
既存構造物を調査して安全性を診断することを耐力診断といい、地震に対する診断の場合を特に耐震診断と言います。診断は、周辺地盤の状態、建物の基礎の構法や状態、耐力要素の量や配置、経年による建物の劣化などを考慮し、現在の構造工学を基に行われます。
簡単に言いますと、住宅やビルが地震に対してどの程度被害を受けにくいかといった地震に対する強さ、すなわち「耐震性」の度合を調べるのが「耐震診断」です。
阪神・淡路大震災の教訓をもとに1995年(平成7年)12月25日に「建築物の耐震改修の促進に関する法律(耐震改修促進法)」が施行されました。この中では現在の新耐震基準を満たさない建築物について積極的に「耐震診断」や改修を進めることとされています。
  耐震診断とは

>自分でできる耐震診断はこちら

なぜ耐震診断を受けなければいけないのか お家の状態を知ることがすべての始まりです!!
イラスト   住宅の状態は千差万別で、耐震の対策もお家によって異なります。
補強の方法もそうですが、今後お家を長持ちさせる為にやらなければならないこともお家によって異なります。定期的に手を入れなければ 本来保持すべき性能を発揮できないばかりか、寿命を縮めてしまいます。

まずは耐震診断で家屋の現在の状況を把握して、耐震性も含めて、今後どのような対策を取らなければならないかを知ることが重要なのです。
耐震診断で分かること ご家族が安心して暮らすためにやらなければならないことが明確になります。 耐震診断を実施すると、下記の状況が明確になります。

必要な強さ(Qr) お家の広さや地盤、屋根の重み等から、そのお家に必要な強さがわかります。
評価できる強さ(Pd) 耐震診断の結果、壁の強さ、壁の配置、劣化度を考慮して、あなたのお家の評価できる強さ(保有耐力Pd)がわかります。
つよさ(P) あなたのお家に配置されている壁の仕様や筋かいの量から、あなたのお家の強さを判断します。壁の強さが足りない場合は、より強い壁(耐力壁)を設置する補強工事が必要となります。
配置(E) 十分な量の壁があっても配置のバランスが悪ければ倒壊の原因となってしまいます。建物の配置バランスを知ることで、どこの壁を改善すればよいのかがわかります。
劣化度(D) 家屋に劣化が見られると、本来持っているはずの力が発揮できません。
劣化の様子を知ることで、今後どのようなメンテナンスを継続すればよいのかがわかります。
  イラスト

耐震診断結果をもとに、対策の優先順位を明確にし、ご予算や今後のライフスタイルを考慮して耐震補強プランの作成を行います。 耐震診断の対象耐震診断の対象となる家屋は、以下の全てに該当するものとなります。 木造在来工法2階建て以下の家屋であること 枠組壁工法(2×4住宅)、鉄骨造、コンクリート造、混構造(木造とその他の構造の混在)、伝統工法、3階建て以上の物件の耐震診断は承ることが出来ません。 持ち家であること 借家の物件の耐震診断は承ることができません。 昭和25年以降平成12年5月までに着工された家屋であること 平成12年6月に建築基準法が現在のものに改正され、耐震に関する基準が強化されました。その後に建築された家屋は基本的に改正後の建築基準法に則って建てられているため、耐震診断は承っておりません。 耐震診断にはどのような人が来るのか耐震技術認定者が責任を持って診断します。
一般耐震技術認定者証   木耐協の耐震診断はすべて耐震技術認定者が実施します。耐震技術認定者講習会を受講し、講習会後の考査に合格しなければ、耐震技術認定者になれません。また、耐震技術認定者は3年に1度更新講習会を受講することが義務付けられており、その都度考査を行います。
耐震技術認定者は診断の際に必ずネームプレートを所持しておりますので、まずはネームプレートをご確認下さい。 木耐協では耐震技術認定者講習会以外にも多くの研修事業を行っており、耐震技術認定者は日々技術・知識の研鑽に取り組んでいます。

  耐震技術認定者講習会受講資格
1級・2級・木造建築士の資格を有する者、あるいは木造建築工事業の実務経験が7年以上であると所属する会社が認めた者

耐震診断お申し込み後の流れ

耐震診断のお申し込みはこちら